真壁石・羽黒青糠目石・本小松石・庵治石のお墓 国産墓石・安心価格の石材店 「石の龍乃家」
選ばれる理由墓石の価格霊園・墓地情報会社情報お問合せ

HOME > 純国産の墓石 > 本小松石
純国産の墓石
真壁石

羽黒青糠目石

本小松石

庵治石

ファイングレイン


サービス案内
石の種類
Q&A
施工事例


 石の龍乃家



<本社>
〒308-0803
茨城県筑西市直井1144-2-3
<工場>
〒309-1245
茨城県桜川市金敷49-2

TEL.:0296-58-6045
FAX.:0296-58-7258


本小松石

本小松石の特徴



本小松石の最大の特徴は気候や湿度によって石の表情が変り年月を経ることによって風合いが増すことです。この本小松石は山から切り出した状態では表面が酸化し赤褐色ですが、研磨することによって僅かに緑がかった灰色で独特な艶を持ったきめ細やかで密な肌が現れてきます。本小松石は神奈川県足柄下郡真鶴町でしか採掘できない石種で、香川県の庵治石と並んで、国内では墓石用石材の最高級品です。天皇家はじめ宮中では古くから墓石といえばこの本小松石でした。本近年では、本小松石の採石場の確保に難があり、量産が難しい事などその希少性がましています。
 見かけ比重  2.62t/立法m
 吸水率  1.073%
 圧縮強度  195N/u
 岩石分類  安山岩

本小松石

本小松石の産地

本小松石は神奈川県の南西端、足柄郡真鶴町に聳え立つ小松山から取れる石材です。真鶴駅北西側の山麓緩斜面を構成する古期外輪山溶岩の内の1枚の溶岩で、厚さ40m以上あります。今日では真鶴以外の産地の石にもその名がつけられることから真鶴産の石は特に「本小松石」と呼んでいます。



本小松石の歴史

本小松石は約40万年前から始まった箱根古期外輪山の活動末期、今から15万年前に誕生しました。約700年前源頼朝は、鎌倉に近いこの真鶴から石材を切り出し、寺や城の石垣や楚石にこの本小松石を使用しました。また墓石にも大いに使われました。1603年、江戸に幕府を開いた徳川家康も、江戸城の石垣や徳川家代々のお墓、江戸の町づくりに、本小松石を使用しています。今でも皇居や日比谷公園を訪れると、石垣に使われている本小松石を見ることができます。江戸時代の300年間に幕府の命により、紀州・尾張・水戸の御三家や、松平家・黒田家も小松山の各所に丁場(採石場)を開いて、真鶴港から石材を大量に江戸に送りました。また、紀州藩は、この本小松石の原石を舟で和歌山県の高野山の奥の院まで運び、織田信長・豊臣秀吉・武田信玄・明智光秀・石田三成・春日局<や各大名家の墓(多くは五輪塔)を本小松石を使用し、多数建立しています。
天皇家のお墓にも本小松石は数多く使われており、昭和天皇のお墓・昭和天皇陵(東京八王子市)では、約100立方メートル(3300切)の良質な本小松石の原石が使用されました。

本小松石の施工例

 久能山東照宮家康の墓(本小松石)  源頼朝の墓(本小松石)
本小松石の施工例 本小松石の施工例

 皇居(本小松石)  小田原城(本小松石)
本小松石の施工例 本小松石の施工例

 本小松石を使用したお墓の施工例 (石塔:本小松石、外柵:真壁中目石)
本小松石のお墓

 本小松石を使用したお墓の施工例 (石塔:本小松石、外柵:稲田石)
本小松石のお墓

 国産墓石専門の石材店 〜 原石から石材加工・施工工事に至る一括請負で低価格墓石の実現 〜

<取り扱い石材(御影石)>
・真壁石 ・羽黒青糠目石
・本小松石 ・庵治石 ・万成石
・大島石 ・ファイングレイン
・浮金石 ・磐梯みかげ ・稲田石
・深山ふぶき ・芝山石 ・中山石
・インペリアルレッド ・クンナム
・その他国内外の石材全般
<サービス案内>
・墓石の石材加工販売
・御影石、大理石の加工販売
・お墓の施工工事
・墓石、お墓のリフォーム
・墓石の清掃、クリーニング
・霊園、墓地の販売、管理
・その他石工事全般
<工事対応地域>
・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県
・千葉県 ・茨城県 ・栃木県
・群馬県
・その他近隣地域


個人情報保護方針 サイトマップ リンク集

Copy Right(C) 真壁石・羽黒青糠目石・本小松石・庵治石のお墓 国産墓石・安心価格の石材店 「石の龍乃家」 All Light Reserved.