真壁石・羽黒青糠目石・本小松石・庵治石のお墓 国産墓石・安心価格の石材店 「石の龍乃家」
選ばれる理由墓石の価格霊園・墓地情報会社情報お問合せ

HOME > 純国産の墓石 > 羽黒青糠目石
純国産の墓石
真壁石

羽黒青糠目石

本小松石

庵治石

ファイングレイン


サービス案内
石の種類
Q&A
施工事例


 石の龍乃家



<本社>
〒308-0803
茨城県筑西市直井1144-2-3
<工場>
〒309-1245
茨城県桜川市金敷49-2

TEL.:0296-58-6045
FAX.:0296-58-7258


羽黒青糠目石

羽黒青糠目石の特徴



羽黒青糠目石、その最大の魅力は、他に類を見ないきめの細かさと、青みのかかった深みのある色合いが醸し出す独特の重厚感にあります。また他の御影石と異なり、採掘量自体が、極めて少ないということもあり花崗岩の最高級品と称されます。さらに、羽黒青糠目石の山の丁場の一角では、ごく稀に、「牡丹石」と「浮常陸石」が採掘されることがあります。「牡丹石」や「浮常陸石」は、その希少価値から幻とさえいわれています。これらの特徴としては、通常の青糠目石の色目に黒い牡丹のような模様が浮かんでいるところにあります。この黒い牡丹のような模様が点在しているのが、「牡丹石」であり、「浮常陸石」においては、黒い牡丹の模様がかすめるぐらいに同化しています。少し距離を離れて眺めてみると、青みのかかった色合いに加え、ふわふわと浮いているようにも見えてきます。
 見かけ比重  2.70t/立法m
 吸水率  0.235%
 圧縮強度  126N/u
 岩石分類  花崗岩

羽黒青糠目石

羽黒青糠目石の産地

羽黒青糠目石が採掘される羽黒地区は、栃木県・茨城県両県境を南下する阿武隈山脈の支脈が名山「筑波山」・「加波山」へのびる山脈の中間にあります。南に真壁石、東に稲田石が産出される日本最大の花崗岩産出地の中間地の地表約30mほどの部分に極僅かだけ糠目石は産出されます。これ以深は、稲田石の地層になります。

羽黒青糠目石の採掘場

羽黒青糠目石の歴史

羽黒青糠目石が採掘される茨城県桜川市(旧岩瀬地区)は大貫亀吉、瀬尾藤吾、飯島善松真家明により明治35年頃本格的に花崗岩採掘が開始されました。明治37年4月に花崗岩の輸送のため貨物取扱駅として羽黒駅が誕生したことにより盛期を向かえました。また、花崗岩の最高級品と称される青糠目石もこのころより採掘され、石材最盛期当時の羽黒駅周辺は、石の問屋街のようであり、「ノミの音で夜が明け、ノミの音で日が暮れる」といわれ、活気あふれるものであったといわれています。

羽黒青糠目石の施工例

 靖国神社境内(羽黒青糠目石)  横浜外人墓地(羽黒青糠目石)

 羽黒青糠目石を使用したお墓の施工例 (石塔:羽黒青糠目石、外柵:稲田石)

 国産墓石専門の石材店 〜 原石から石材加工・施工工事に至る一括請負で低価格墓石の実現 〜

<取り扱い石材(御影石)>
・真壁石 ・羽黒青糠目石
・本小松石 ・庵治石 ・万成石
・大島石 ・ファイングレイン
・浮金石 ・磐梯みかげ ・稲田石
・深山ふぶき ・芝山石 ・中山石
・インペリアルレッド ・クンナム
・その他国内外の石材全般
<サービス案内>
・墓石の石材加工販売
・御影石、大理石の加工販売
・お墓の施工工事
・墓石、お墓のリフォーム
・墓石の清掃、クリーニング
・霊園、墓地の販売、管理
・その他石工事全般
<工事対応地域>
・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県
・千葉県 ・茨城県 ・栃木県
・群馬県
・その他近隣地域


個人情報保護方針 サイトマップ リンク集

Copy Right(C) 真壁石・羽黒青糠目石・本小松石・庵治石のお墓 国産墓石・安心価格の石材店 「石の龍乃家」 All Light Reserved.